061b440d1f2fba6541aab1f6305be7ba

自社の商品をホームページなどで販売する前に、実際に自分の商品が売れるかどうかを判断するためにヤフーオークション(略してヤフオク)を利用するのも手だと思います。

ヤフオクは日本最大のオークションサイトで1日で2000万件以上の出品と1日ウン億アクセスがあるモンスターサイトです。

ヤフオクを利用するということは人が数多く集まる大規模なショッピングモールに出店できる権利を与えられたようなものです。

お金にゆとりがある人であればいきなり自分の通信販売用ホームページを持つのもありかもしれませんが、仮に自分の販売サイトを持ったとしてもアクセスが発生しなければ買いたいと思っている人の目に触れることはありません。

右も左もわからない状態で高額なお金を支払ってネットショップを始めたら・・・

考えただけでぞっとします。

しかしながらヤフオクはアクセス数が保証された土台があるので出品したその日にうまく行けば商品が売れる!というのもざらにあります。

yahoooku

1ヶ月399円で利用し放題、落札された時だけ売上げ価格の5.25%を手数料として支払うだけのお手軽さ。

※ヤフオク手数料の詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

自分の商品がインターネットで売れるのか売れないのか物差しを計るために使わない手はありません。

インターネットショップを開くのは上記を確認してからでも遅くはありません。

失敗しても399円ですから。

失敗して対策をたててまた出品して・・・・これの繰り返しがネットショップにおける小さな芽を生み、やがて大きな柱となります。

6割以上の人がネットショップで失敗をしている

なぜここまで慎重にならなければならないのか、

実は、6割以上のネットショップが失敗し、赤字に沈んでいるからなのです。

xbcxx

某大手のショッピングモールの出店に至っては2社に1社の割合で1年以内に赤字で閉鎖していると言われております。

そんなこといきなり言われたらネットショップって怖いですよね・・・。

なぜこんなに失敗率が高いのでしょうか。

それは・・・

 

赤字に沈む最大の原因は商品に対してのリサーチ不足が大半だということです。

リサーチや下調べなしに出店を行い、売れない現実に直面し、なぜ売れないのかもわからないうちにショップ手数料などの経費により潰されてしまうのです。

残念なことに中には安易に考えている人もいます・・・。

ネットショップにちゃちゃっと出店すれば売れるんでしょ?

であれば全員億万長者ですよね。

そのような安易な考えを言っている人ほど、インターネットビジネスをいざ行なってみると仕事が忙しいからと言って後回しにします。

集客の為に成功事例をブログやホームページにアップする。 → 仕事が忙しいから記事が書けない。

記事を書くことも立派な仕事ですよ。

仕事の一環として割り切ってインターネットビジネスを捉えることができるかどうか、ここが「成功の鍵」への最初の一歩なのではないのか、と私は思います。

まずは自分の商品が全国に通用するものなのかどうか、ヤフオクで試してみてください。そして売れないのであればその環境を使って育て上げてみてください。