ホームページを持ちたいが、Web制作業者にオリジナルサイトを作ってもらう予算がない。

弊社はそのような方のために有料WordPress theme(ワードプレステーマ)を使用したホームページ制作をお勧めしています。

WordPressテーマを使用するメリットは、テーマ(相場は約3,000~5,000円)を購入することで、設定を済ませてしまえばプロ顔負けのホームページを制作する環境を持たせることができるようになります。

※無料ブログの着せ替えテーマを想像してください。

しかしながら人気のテンプレートは人気なだけに沢山の企業が利用しており、狭い日本であれば他の企業とデザインが被ってしまうことも多いと思います。

このような理由からデザインが被らない海外テーマを購入する方は割と多いです。

しかしながら、海外テーマにはデメリットもあります。

英語のダッシュボード
わかりにくい設定画面(クリックで拡大)

それはダッシュボード内の設定項目が英語ということで使用方法がわかりずらいという部分です。

当たり前ですがマニュアルも全て英語です。

このような理由で「海外テーマを使用するのを断念した」という方は実際多いかと思います。

そのような方に喜んでもらえるよう、海外サイトで購入したWordpressテーマのダッシュボード(コントロールパネル)内の英語表記を日本語化するカスタマイズを行ってみました。

ダッシュボード内にはcssなどの専門用語なども入っているのでただ翻訳するだけでは意味が通じないので、英語翻訳が可能な人と、弊社のようなWeb専門用語が理解できる人でパートナーを組みながら行う必要があります。

海外無料テーマのコントロールパネルを日本語に変換

今回は無料テーマを使用して実際にコントロールパネルをカスタマイズしてみました。

英語がわからない私でも操作方法を理解できるようになりました。

日本語ダッシュボード

これでテーマの選択肢がさらに広がります。