ホームページやブログなどにFacebookやGoogle+などのシェアボタンを設置するのはもはや当たり前となっておりますが、残念ながら公式ボタンはとにかく遅いというのが正直なところです。

シェアボタンの表示が遅いということは、実はホームページやブログにとってかなり致命的な欠陥となります。

それをお話しする前に、なぜシェアボタンの表示が遅いのかというと、実はシェアボタンのカウント数を表示させるためにはSNSに対し、一度シェア数を確認するリクエストをサービス元に送る必要があります。そこから現在の情報を取得してホームページにいいね数をリアルタイムで反映させるという作業が発生しています。そのためページ内にシェアボタンが多ければ多いほどそのリクエスト数は膨大になり、その分表示するまでの時間に影響します。

sns

このレスポンスの悪さは、ユーザーがスマホなどのモバイル端末をを使ってページを訪れた際には特に致命的で、シェアボタンが表示する前に記事をスクロールさせるユーザーが殆どで、結果的にシェアボタンがあることすら気が付かない人もいる可能性もあります。また、WordPressサイトのようなCMSサイトはサーバー環境によって表示速度にダイレクトで影響する場合もあります。

これらを改善するために、カウント数を自分のサーバー内にキャッシュ(一時的に保存)させて外部リクエスト数を減らすことにより、SNS Count Cacheを導入させることでシェアボタンを瞬時に表示させることが可能となります。

SNS Count Cacheインストール後の実験

シェアボタンの高速化方法

残念なことにSNS Count Cacheをインストールしただけでは高速化にならず、カスタマイズを行う必要が出てきます。

もしご興味がある場合、以下をお試ください。

SNS Count Cacheの使用方法とカスタマイズ方法

このプラグイン、あまりにも素晴らしかったので、ManyFaceに標準対応させました。

今回、弊社で販売しておりますWordPressテーマManyFaceの最新バージョン(ver.1.25)に対し、SNS Count Cache用に最適化を施しました。ですのでManyFaceをお持ちのお客様は最新版(ver.1.25)にアップデートをした後にSNS Count Cacheを導入することで高速化を手に入れることができます。是非ともお試しください。