ホームページを見る際はスマホで!が当たり前になりつつある現在では、各メーカーで情報量をより多く見せる為の工夫としてニューモデルごとにモニターの大画面化を進めておりました。

提供:BGR

しかしながら近年では大画面化も限界に達し、ようやくひと段落したのも束の間、時期iPhone8では縦に長いモニターを販売するという情報まで出てきました。

確かに長くなると2画面化なども可能となるので便利になるかもしれません。しかしながら縦に長いモニターの影響で必然的に指の移動範囲も増え、ホームページを見る際に操作もしずらくなるのでは?と思っているのは弊社だけではないかと思います。

そこで最近弊社でホームページを制作する際にトレンドとなっているのがモニター下部固定のメニュー表示です。

弊社ではThumb menu barと呼んでおります。

「メニューは上にあるのが常識!」弊社ではこれらの常識は大画面では不要と判断いたしました。

メニューはページごとの用途で変更できる

例えば、トップページにはホームボタン、電話ボタン、最上部へスクロールするボタン、お問合せボタン、地図を表示するボタンなどを表示し、カートページへ移動した際には、検索ボタン、ショップボタン、ガイダンスボタン、カートの中身ボタン、ログインボタンなど今現在必要なものをページごとに表示させることも可能です。

Thumb menu barが組み込まれたホームページの動画