ドイツのミュンヘンで開催されるSMX Munichにて、4月21日に実施されるGoogleのモバイフレンドリー・アルゴリズム更新の影響は、パンダアップデートやペンギンアップデートよりも大きなものとなると、GoogleのWebマスタートレンドアナリストであるZineb Ait Bahajji氏が発言しました。

実施は4月21日から(前後あり)となっており、早急に対策が必要となります。

アップデート対応方法

アップデートへの対応方法は、「Googleのスマホ対応基準を満たす」ことが全てとなります。モバイルフレンドリーツールを使い、検証をパスすれば基準を満たしたことになるようです。

URLを入力するだけで、スマホ対応テスト結果を返してくれます。