Googleの検索品質(検索システムの基準)評価ガイドラインが大幅改定となりました。

新たにページの品質を判断するための基準として「E-A-T」というものをを用いるようにガイドラインは指示しています。

E-A-Tとは

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の略となります。

E-A-Tが評価基準に加わることで専門的、かつ記事に対する充実した内容が求められるようになり、そうなれば記事の修正や見やすい記事内容を突き詰めてまめに更新する作業が必要となり、その努力が最終的に順位に繋がるということになるかと思います。

E-A-Tを意識したコンテンツを目指すのであれば、ホームページ内部にブログを設置し、まめに更新できる環境が望ましいかもしれません。

できれば記事を誰でも簡単に更新できるWordpressのようなCMS導入も視野にいれなければなりません。

本当にSEO業者はというものは不要になる日も近いです。

私は賛成派です。

参考サイト:海外SEO情報ブログ様