WordPressはプラグインを導入することで自分流に使いやすくできるようになります。

実際に使用していてこれは便利だなと思うものを紹介したいと思います。

Image Widget

画像クリックで詳細拡大
画像クリックで詳細拡大

通常、サイドバーなどに画像を挿入する場合、ウィジェット機能を使い、メディアを開き、画像詳細ページから画像URLをコピーし挿入する必要があります。

この作業が非常にめんどくさかったりするわけですが、このプラグインを入れることで、ウィジェット内部に画像ウィジェットが使えるようになり、画像リンクからURLを拾うのではなく、メディアから直接画像を見ながら挿入することができます。

また、画像に対してblnkタグ(新規ウィンドウ)を選択できるため、外部リンクに適しております。

使用できる機能

  • 画像挿入
  • 代替えテキスト
  • キャプション
  • リンク
  • 画像サイズ調整
  • 配置
  • blnk設定

ダウンロード

http://wordpress.org/plugins/image-widget/

Regenerate Thumbnails

ワードプレステーマーを新しいものに変更したことで起こる、サムネイル画像のサイズを変更ですが、通常Wordpressでは画像を一度生成してしまうと以前の設定でリサイズされたままになってしまうため、再度リサイズする必要がでてきます。

その場合に現在の設定サイズに一括でリサイズ変換してくれるのがこのプラグインです。

インストール後ツールからRegenerate Thumbnailsを選択し、Regenerate All Thumbnailsのボタンを押すだけです。

画像が多いと時間がかかりますので気長に待ちましょう^^

ダウンロード

 http://wordpress.org/plugins/regenerate-thumbnails/

Jetpack by WordPress.com

 

jetpackJetpackは、Wordpress.comが運営するAutomattic社が作ったプラグインです。そのためWordpressとは相性抜群です。

使用できる機能

  • WordPressからTwitter/FaceBookなどのソーシャルネットワークに自動投稿
  • ソーシャルブックマークの装着
  • 関連記事の表示
  • アクセス解析
  • カルーセル装着
  • 無限スクロール
  • モバイル用テーマ

etc…

これ一つで様々なことが行えます。

ダウンロード

http://jetpack.me/

All in One SEO Pack

使用できる機能

  • 記事ごとに細かいメタタグ情報が設定できます。
  • Googleアナリティクスのアクセス解析コードの設定や、GoogleとBingのウェブマスターツールの認証タグの設定ができます。
  • xmlサイトマップを自動生成
  • ソーシャルメディア用のメタタグを自動生成できる。FacebookのOGP(Open Graph Protocol)とTwitter Cards(ツイッターカード)のメタタグを生成できます。

seo

ダウンロード

https://wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

Broken Link Checker

linkcheck使用できる機能

リンクエラーやリンクエラーの画像がないかブログをチェックし、見つかった場合は、ダッシュボード等で通知します。

メールにも通知を送るこができるのでリンク切れを瞬時に判断し修正ができます。

ダウンロード

https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

Check Copy Contents(CCC)

使用できる機能

誰かが、あなたのブログの文章をコピーしたら、そのコピーされた箇所とページのURLを、こっそりとあなたにメールで通知します。

その記事のどこに興味を持たれたのか、引用されているのはどの箇所なのかを知ることが出来ます。

着ぐるみ追い剥ぎペンギン様より抜粋

しかし・・・いやはや、導入してからというもの毎日のように記事をコピペしてくれていることが判明し嬉しい限りです。

ありがたやありがたや・・・。

ダウンロード

https://wordpress.org/plugins/check-copy-contentsccc/

Contact Form 7

contact使用できる機能

コンタクトフォームを簡単に構築してくれるプラグインです。

自動返信メール機能などもあり、本格的です。

また、カスタマイズすることで様々な機能が加わります。

Contect Form7カスタマイズ方法参考記事

http://www.adminweb.jp/wordpress-plugin/list/index11.html

ダウンロード

http://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

Dynamic To Top

dynamic使用できる機能

Webサイトに「ページトップに戻るボタン」を追加できるプラグインです。

ボタンをクリックすると、滑らかに画面がスクロールしてページトップに移動します。

ダウンロード

http://wordpress.org/plugins/dynamic-to-top/

Easing Slider “Lite”

slider使用できる機能

特にjqueryなどの知識も必要なく、管理画面上で憧れのイメージスライダーが実装できるプラグインです。

正直な話、換装がとっても簡単ですのでプロの制作業者さんにもお勧めです!

レスポンシブデザインにも対応しています。

参考ページ

http://webwork-systems.com/

ダウンロード

https://wordpress.org/plugins/easing-slider/

PS Auto Sitemap

sitemap_img使用できる機能

簡単な設定で固定ページ内にサイトマップを自動生成してくれます。

現在ではサイトマップがあるだけでSEOにも有利と言われるほどです。

是非とも入れておきたいツールです。

参考ページ

http://baffle.with-planning.jp/sitemap

ダウンロード

http://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

Ultimate TinyMCE

mce使用できる機能

記事編集画面のビジュアルエディタを拡張できるプラグインです。文字の色を変えたい、youtube動画の貼り付けをしたい。このようなことがHTMLの知識がなくても簡単にできるようになります。

ダウンロード

http://wordpress.org/plugins/ultimate-tinymce/

WP Total Hacks

total使用できる機能

  • favicon.icoの設定
  • 管理画面ヘッダーのWordPressロゴの変更
  • 管理画面フッターのテキストの変更
  • ログイン画面のWordPressロゴの変更
  • 不要なMetaタグの削除
  • 投稿ページ上のメタボックスを個別に選択して削除
  • ダッシュボードウィジェットを個別に選択して削除
  • リビジョンの保存件数の選択機能
  • 自動セーブの無効化
  • セルフピンバックの停止
  • デフォルトのメールアドレス(wordpress@example.com)のカスタマイズ
  • Admin以外のユーザーに対するアップデート通知の無効化

ダウンロード

https://wordpress.org/plugins/wp-total-hacks/