IT業界のさだめか…

私どものような常にモニターを見ながら仕事をする業種では目を保護するためのパソコン眼鏡や目薬は必須といっても過言ではありません。

ブルーライトにさらされた目をそのままにしているとみるみる視力が低下する恐れが生じます。

今回、目を保護するためにいい目薬はないかと探してみたのですが、専用の目薬が発売されていたので即買いしてみました。

ブルーライトダメージに効く

スマホ、PCなどによる疲れ・炎症に

こんなキャッチフレーズから来る目薬が販売されておりました。商品名は「ロートデジアイ」。いかにも効きそうですね。パッケージングには「初音ミク」?らしきものが使用されています。

ブルーライトダメージに効く有効成分最大濃度配合 完全にこの言葉にノックアウトです。特に私の場合、近くのものを見てから遠くのものを見ると目の焦点が合うまでのレスポンスが鈍り、ピントが合いにくい目になってきております。この目薬には「ピント調節機能」を促進するネオスチグミンメチル硫酸塩というものも配合されており、これらの症状にもぴったりのようです。

ロートデジアイ 購入ページ

スマートフォン、パソコンなどによる目の疲れ・炎症に

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究し、その対策を詰め込んだ一滴がロート目薬「デジアイ」です。

ピント調節筋に作用し凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。 さらに角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す FAD※1(活性型ビタミンB2)も配合。この黄色ビタミンは光に対して分解しやすい不安定な成分でしたが、ロート製薬が培った配合技術によって、一般用眼科用薬承認基準内「最大濃度」まで配合することに成功。濃い黄色い薬液には、さまざまな想いがつまっています。

デジタル時代の目薬がここに完成しました。

※1 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム

すっきり爽やかなさし心地。

点眼してみた感想

早速目薬を点眼してみましたが挿しごこちは悪くないです。清涼感レベルも低いので入れた直後の「目に染みる感」は皆無です。

が・・・・・・・・・

点眼して30秒~1分ほどすると目がしばらく開けてられなくなるくらい染み出し、涙が止まらなくなる現象が(笑)

恐らく「ネオスチグミンメチル硫酸塩」と書いているくらいなので「塩」が効いているのか?大濃度だからか?よくわかりませんが、目に効いてるぞ!というのが伝わるほど染みてきます。
※人によって浸み度合いは変わるので参考程度とお考え下さい。

肝心の効果は?

「苦い薬ほど効く!」と昔聞いたことがありますがそれと同様、「染みる目薬の方が効く!」と思いつつ使用してみようと思います。「本当にブルーライトダメージに効くのか?」と言われても当然のことながら全く効果はわかりませんが使わないより使った方がいいでしょう。

ロートデジアイ 購入ページ