新しくなったMicrosoft IME

Windows10に標準装備された日本語入力ソフト「Microsoft IME」にはGoogle日本語入力のような旬なワードを予測変換候補として表示する機能が搭載されております。

検索エンジンのBingで使われている検索ワードのサジェスト機能を利用することで「話題のキーワード」を予測変換できてしまうというものです。

この機能ですがデフォルトではOFFになっているため、使用するには設定をONにする必要があります。

設定方法

1、右クリックでIMEのプロパティを開きます。

1

2、詳細設定をクリック

7

3、タブを辞書/学習に変更

2

4、クラウド候補を使用するにチェックを入れて適用ボタンをクリック

3

これでクラウド変換がONになります。

通常のIMEと何が違うのか?

クラウド候補を利用することで入力中のテキストがBingに暗号化されて送信されるようになり、他の人の入力情報などから辞書に載掲載されていない旬なワードやタイトルなどが変換できるようになります。

5

使用した感想としては、Google日本語入力より候補が少ない(標準搭載されるも機能がデフォルトでOFFになっていることから個人情報対策と思われる)ということで現段階では発展途上だということです。

Windows10は素晴らしいOSだと思うのでこれからを期待しております。