Windowsアップデートを行わないでパソコンを使用していると、自動更新ができなくなり、svchost.exeのCPU使用率が100%になるバグが起こり、フリーズしてしまいます。

これはIE6,7のブラウザを使用しているパソコンで発生しており、バグの原因はWindows Update Agentであったこともわかりました。

バグ発生後の2013年11月および12月のWindows Updateでは修正パッチが間に合わず、 年明けの2014年1月にパッチを配布する予定であることも発表されており、 バグが発生しているPCのユーザーは修正パッチの配布までもう少し待つ必要があります。

4月でサポート終了するのにこの対応は遅すぎですがとりあえずまだ使えるようです。

関連記事
http://sierblog.com/archives/1768309.html

対応方法

この中から自分のIEのバージョンのものをインストールしてからアップデートすれば直る可能性があるようです。

※自分のInternetExporerのバージョンを確認する方法

Internet Explorer 8 for Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB2898785)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41404

Internet Explorer 7 for Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB2898785)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41442

Internet Explorer 6 for Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB2898785)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41458