カード決済サービスをもっと身近に!

9541244-photorealistic-illustration-of-modern-pos-terminal-with-credit-card-inserted

インターネットビジネスの普及で無店舗事業などの需要が増えてきております。

その時にあったら便利なもの、それは「カード決済」です。

日本のクレジット会社のカード決済システムによくある「カードリーダ」は非常に便利ですが実は様々な規約があります。

その中の項目としてSOHOビジネスには致命的な「実店舗を持っていること」この規約をクリアできなければ導入することは不可能です。

そんな下らない規約のおかげで芽の出た個人事業主の販売手段に制限をかけてしまう。

これが今の世の中の悲しい現実です。

これを運よくクリアしても問題点は山積みです。

私も元々現金商売をしていたのでPOSを利用していたことがありますが、使っても使わなくても年間手数料が1万円前後かかってしまう。

これでは需要がなければお金をドブに捨てているようなものです。

試しに使えることができればいいですが、実際は、POSレジを導入しようとなると、カード会社の通信手段の為に、本体とLANを接続したり、POSシステムの機械がとても高価なのでそのようなことができないのが現実みたいです。

日本のカード会社が終焉する日も近い?!

先日ホリエモンこと堀江氏が以下のことを言っておりました。

先日、知人が東京の麻布十番にオープンした「ウルトラチョップ」というラムチョップの美味しい店を訪問した。オープンして1週間くらいの時だ。

実は中目黒に1号店があり、好評につき2号店をオープンしたというわけだ。

確かに味は以前よりも焼き方が進化したのか、相当レベルが高い。1本480円とお手頃価格なのも嬉しい。

さて本題はここからだ。飲食店では、もはやあたり前のことだが、カード決済をするためにカード決済端末を導入する。

しかし、2号店にもかかわらずオープンに合わせて端末を導入できないと信販会社が通告してきたらしい。

当初の1カ月くらいはカーボンコピーの機械を使って「ガッチャン」してほしいと言ってきたのだ。

通信回線を使ってリアルタイムで決済できないので、いろいろと手間がかかるし、入金も遅れるだろう。

業を煮やしたオーナーは、すぐにタブレット端末iPadで「Squareレジ」をダウンロードし、住所や法人名・銀行の口座番号などを入力して、ローソンで980円で売っている「Squareレジ」のカードリーダーを購入した。

「Squareレジ」に登録すると千円がキャッシュバックされるため、端末は事実上タダなのだ。

そしたら、すぐに決済ができて、三井住友銀行かみずほ銀行に口座があれば翌営業日に入金されるのだ。

しかも決済手数料は3.25%である。

日本の飲食店でカード端末を導入したら、4%以上の手数料設定が普通なのだが……。

初期導入が簡単にできる分、Squareはカードの使用履歴を詳細にモニタリングしており、自分のカードを使って不正に決済した場合、数時間後にすぐにSquareから不正使用していないか連絡がきたらしい。

日本のカード会社の場合、そういう利用をしても連絡がこないことがよくあるらしい。

ちゃんと見ていないのだ。

その代わり最初の審査に時間を掛けているということなのだろうか。

この状況からしても、日本のカード会社は終わっていると思った。

Squareは決済手数料も安いし、不正のモニタリングも強化されていて、スマホアプリでお手軽。

しかもお客さんの目の前で決済できるので、スキミングの恐れも低い。

ホリエモン「日本のカード・信販会社の終焉が見えてきた」より抜粋

正直うなづけました。このようなシステムが増えてどんどん重要が増えればいいと思います。

さて、上記で題材となりましたこの「Squareレジ」たるシステム。

個人事業主や移動店舗、出張サービスを展開している企業様におすすめいたします。

この他にPayPalでも同じようなサービス「PayPal Here」というものを展開しており、どちらも使い勝手は変わりありませんし、双方様々なオプションも販売しているようです。

reder

どちらを使っても損はなく、本日登録して本日から使用できます。

あなたはどちらを使いますか??

Squareレジ

アメリカでは年間1兆5千億円以上がこのSquareで決済されているらしいです。

個人事業主も簡単に導入できます。

Squareの詳しい説明やアカウントの作成はこちらから

PayPal Here

Paypalは世界で1億2000万人以上の人が日々のお支払いで利用しています。

Paypal Hereの詳しい説明はこちらから

  • レジ機能
  • SNS またはメールアドレス毎にレシートを送信
  • 商品/売り上げの管理とレポート機能
  • 専用プリンタでレシートを印刷
  • 複数のカードリーダー使用可能(法人のみ)
  • PayPalアプリによるチェックイン支払い受付