最強プロジェクトマネジメントツール「Aipo8」が4月8日にリリースされ、早速弊社のサーバーにインストールしてみました。

Aipo8はワークフローの流れをパソコンやスマートフォンなどで一元管理ができる優れもので、特に「プロジェクト管理機能」はガントチャート表示にも対応しており、プロジェクト全体の進行状況を把握するのに一役買います。

しかも、こんな凄い機能がついているのにオープンソースなのです。

興味のある企業様は是非とも導入してみてください

Aipo8の特徴

社内の情報が自分に集まるタイムライン

タイムラインは、予定やToDoの追加・編集、ニュースの投稿やブログ記事のお知らせなど、社内の動きを可視化し、社外でも社内でも動きを把握することが可能です。

aipo1

会議にも、相談にも使えるメッセージ機能

メッセージでは限定した複数人もしくは個人と直接コミュニケーションを取ることができます。

タイムラインなどの各機能からすぐにメッセージを送ることができるため、場所を選ばず、Aipo8を通してすぐに繋がることができます。

aipo2

マウスでかんたん操作。高機能スケジューラー搭載

細かいスケジュール機能がついています。今日誰が何時に何をなどが一目でわかります。

aipo3

携帯電話、スマートフォンからも利用可能

「社内」「社外」を問わず、PC、タブレット、スマートフォン、携帯電話(ガラケー)で利用できます。

これは重宝します。

aipo4

その他の機能

  • タイムカード勤怠表
  • WEBメールの送受信
  • メモ帳
  • プロジェクト管理(ガントチャート機能あり)
  • ワークフロー制作
  • アドレス管理
  • 伝言メモ
  • ToDo
  • ファイル共有

ありとあらゆるワークフローを一元管理できるため、他社とチームを組んで仕事を行うことが多い企業様には便利かもしれません。

aipo
Aipo8導入イメージ

詳細、ダウンロード